おたより ご意見 歴史関係の情報をどうぞ

ご意見・感想・論考・見聞録はこちらへどうぞ!

画像をクリックすると、大きなサイズでご覧になれます。

なお、イベント情報については、「メッセージボード」(http://sawarabiy.bbs.fc2.com/)をご利用ください。

画像のアップは、スパム対策で受け付けていません。アップしたい方は、メールでお送りください。

ホームページTOPページへは、右↓の「家」の形のアイコンをクリックしてください。

さわらび考古学教室 「向ヶ岡弥生町」の史跡探索

全て表示

  • さわらびY(ゆみ)
  • 投稿日:2009/10/17 22:22



10月17日(土)午前10時から 原祐一さん(東京大学埋蔵文化財調査室)のご案内で、「弥生式土器」発祥の1884年(明治17年)「弥生町の壷」発見地の謎を考証しながら、「向ヶ岡弥生町」の史跡探索を17名の参加で行いました。

「向岡記」碑は、水戸藩主徳川斉昭の自撰自書の碑で、「向ヶ岡弥生町」の由来となった石碑ですが、2007年2月に八千代栗谷遺跡研究会のフィールドワークで訪ねた時は、伐採された不用の枝の置き場にうずもれていた悲惨な姿でした。
http://yatikurike.exblog.jp/m2007-02-01/
http://sawarabituusin.cocolog-nifty.com/notebook/2007/02/s11_e723.html#comment-32928354

その後、原さんたち東大職員の皆さんの奮闘で保存処理が施され、新たな解説板とともに、浅野南門、情報基盤センター通路脇に平成 20年(2008)8月移築されて立派になった姿を今回、参加者の皆さんと見ることができました。

http://yanesen-urouro.bakyung.com/2008/08/post08082100.html

  • 5.さわらびY(ゆみ)
  • 投稿日:2009/10/17 23:25



>>4
帰路は、「ギャラリーゆり音」で、「修復のお仕事展〜伝えるもの・想い〜」を見学、「向岡記」碑の保存処理の過程を含め、文化財の保存についての展示を拝見しました。

「ギャラリーゆり音」は根津の街角の露地を入ったところ、古民家を利用した懐かしい町のコミュニティ発信基地でした。

  • 6.さわらびY(ゆみ)
  • 投稿日:2009/10/17 23:43



>>5

ギャラリーゆり音の2階和室に展示された「向岡記」碑の保存処理過程の展示。

お忙しい中、丁寧に現地をご案内いただいた原さん、ありがとうございました。
また、「向岡記」碑や出土土器の保存処理を担当され説明くださった石原さん、参加された皆様にも感謝申し上げます。

  • 7.長野 陽次
  • 投稿日:2009/10/18 11:05

>>6
蕨 由美様

お忙しいところ史跡散策レポート有難うございました。

今回、大変お世話になりました。始めて東大構内の遺跡を

見学し、あらためて足元を見る意義を感じました。

  • 8.さわらびY(ゆみ)
  • 投稿日:2009/10/21 23:16

>>7
長野様
コメントありがとうございました。
明大博物館友の会主催の講演会「日本考古学2009」の原先生の講演が、現地踏査と修復過程の展示見学でより実り多いものになり、よかったですね。

エドルネ(佐藤)さま
ブログ「エドルネ日記」へのアップありがとうございました。
続いてアップされた第2弾も拝見しました。
感想が新鮮で、とても魅力的です。
続きの第3弾も、楽しみにしています。

  • 9.ひなの
  • 投稿日:2013/10/02 04:58

>>1


情報ありがとうございます。

イタリアの旅から帰国しました

全て表示

  • 蕨由美
  • 投稿日:2016/06/16 13:40



 6月3日から14日、「イタリア美術におけるキリスト教の世界」の旅に行ってきました。
船橋学習センター「ガリラヤ」のアンドレア師の「キリスト教美術講座」受講生を対象にしたイタリア巡礼ツアーで、ミラノ〜ベネツィア〜フィレンツェ〜アッシジ〜ローマを廻ってきました。
 ルネッサンス文化やキリスト教信仰の原点に触れる充実した旅でした。
 旅のルポは、Facebookに公開(友達申請不要)で連載中ですので、ログインしてご覧いただければ幸いです。
 https://www.facebook.com/yumi.warabi

  • 1.蕨由美
  • 投稿日:2016/06/24 15:54

旅のアルバムを↓にアップしました。
http://sawarabi.a.la9.jp/160603Italy.pdf

  • 2.今井より
  • 投稿日:2016/08/01 10:55

御旅行お疲れ様でした。
旅行の模様楽しみに
しています。

タグ:

『ミケランジェロ展』東京で開催!

全て表示

  • 蕨由美
  • 投稿日:2016/06/16 14:00



 先日のイタリア旅行では、ミケランジェロなどの絵画・彫刻・建築等、ルネッサンス期の芸術を堪能してきました。
 まだその余韻に浸っている最中ですが、なんと6月25日より東京で『ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝』が開催されるとのことです。

・展覧会名 『ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝』
・会場 パナソニック 汐留ミュージアム
・期間 2016年6月25日(土)〜8月28日(日)
・公式サイト
 http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160625/

 これは何としても見逃さないようにしたいと思っています。

タグ:

北総の「百庚申」探訪

全て表示

  • 蕨由美
  • 投稿日:2016/05/30 14:22



ブログ「さわらびYの歴史・民俗・考古探索ノート」に「印西市笠神の百庚申」をアップしましたが、その後、近隣の百庚申を調べて回っています。

これは、5月24日に訪ねた千葉県栄町の安食上町の百庚申です。
「安食駅東方」という情報しかなかったので、駅前にいたタクシーの運転手さんや上町の地元の方々にお聞きしながら、「旧成田みち」沿いの通称「庚申さま」にたどり着きました。
山の中腹に3基の立派な青面金剛像庚申塔を祀った祠があり、その下の階段脇と道沿いの法面にぎっしりと庚申塔が建っています。
百庚申として建てられた定型な駒型のほか、大小さまざまな、時代もいろいろな庚申塔がありました。
特に法面の庚申塔群は、道路整備などで移設集積されたようで、又、笠神社の百庚申とよく似た像容と形式のものもあって、おそらく旧本埜村の梶谷石材の製品かと思えました。

  • 1.蕨由美
  • 投稿日:2016/05/30 14:27



5月26日に訪ねた船橋市前原東5丁目の庚申塚
ここには享保18年、19年と延享4年の彫りの優れた青面金剛像庚申塔3基のほか、小形の年不明の文字庚申塔64基が並んでいて、百庚申とみられます。

  • 2.蕨由美
  • 投稿日:2016/05/30 14:37



これは、一石百庚申塔でしょう。
5月20日、八千代市麦丸代の庚申塚にあった「一百青面金剛王 當村講中」銘の庚申塔で、文化12年2月の建立。
北総はたくさんの庚申塔を建立する「多石庚申塔」が20例ほどありますが、1基に「庚申」の文字を多数刻んだものや、「百庚申」の銘を刻んだ事例は珍しいです。

タグ:

【石造物 】

「岩手県山田町内と浄土ヶ浜の津波記念碑について」

全て表示

  • 蕨由美
  • 投稿日:2016/03/11 11:38




2011.3.11から5年目の今日、追悼と記念のために、拙稿をHPにアップしました。

「岩手県山田町内と浄土ヶ浜の津波記念碑について」
『野外調査研究所報告』23号 2015.7 NPO法人野外調査研究所 発行

http://sawarabi.a.la9.jp/bannbaomuroyama/tunamikinennhi.pdf

お読みいただければ幸いです。

タグ:

おすすめサービス

InterPot(インターポット) ドメイン@nifty @niftyホームページサービス